2010年06月18日

民主−連合の政策協定案判明 消費税率アップを事実上容認 納税者番号制度も(産経新聞)

 民主党と同党最大の支持団体、日本労働組合総連合会(連合)が7月の参院選に向けて締結する政策協定案の全容が15日分かった。「強い財政」「強い社会保障」を掲げる菅直人首相(党代表)の意向を踏まえ、具体的な政策課題として重点政策に「税制の抜本改革」「社会保障・税共通の番号制度」が明記され、消費税率引き上げを事実上容認した内容となった。

 政策協定案は17日、首相と連合の古賀伸明会長が会談して決定する。ここで連合は重点政策の実現に向け、民主党を全面支援する方針を改めて打ち出す。

 協定案は「安定的政権基盤を確立し『安心と希望の社会』実現を」をスローガンに掲げ、民主党が取り組む「重点政策」として「新成長戦略の推進」「ディーセントワーク(働きがいのある人間らしい仕事)の実現」など9項目を提示。7項目に「所得再分配機能の強化など税制の抜本改革を進め、中期的財政再建の道筋を明示する」と記した。

 また、民主党と連合が合意形成に努める具体的な政策課題として、税の所得再分配機能の強化▽給付付き税額控除の検討▽社会保障・税番号制度▽給与所得者への選択納税制度の導入▽中期的な財政再建の道筋を明示−が盛り込まれた。「社会的なセーフティネットの強化策」として「基礎年金の税方式化の実現」も明記された。

 連合は消費税率引き上げの適否を組織決定していないが、納税者番号制度については「不公平税制の是正を前提に導入する」との方針をすでに決定している。

 一方、出産手当、児童扶養手当、子ども手当などの諸財源を統合した「子育て基金(仮称)」創設を目指すことで一致。「労働基本権を保障した民主的な公務員制度の実現」「国際労働機関(ILO)中核8条約の早期批准」「地方自治実現のための地方分権推進」など、自治労など官公労の意向を強く反映した政策が多数盛り込まれた。

 また、「障がい者差別禁止法」(仮称)の制定、選択的夫婦別姓のための民法改正−なども明記された。

 ■民主党と連合の政策協定案の重点政策は次の通り。

(1)新成長戦略の推進

(2)人間らしい仕事を実現

(3)就労・生活支援給付制度

(4)男女平等社会とワーク・ライフ・バランスを実現

(5)差別禁止、教育機会均等

(6)くらしの安全・安心確保

(7)税制抜本改革を進め中期的財政再建の道筋を明示

(8)「新しい公共」確立と民主的な公務員制度を実現

(9)低炭素社会、公正なグローバル社会の実現

【関連記事】
菅首相代表質問 予算委見送りを撤回せよ
【国際政治経済学入門】菅政権は財務官僚の呪縛を解け
菅内閣発足 国家戦略を求めた産・読 小沢氏の責任追及に濃淡
低所得者に配慮不可欠 消費税増税で枝野氏
少子化対応は保守、リベラルの枠超えて 宮本太郎・北大教授 

<菅内閣>消費者担当は荒井氏、少子化担当は玄葉氏が兼務(毎日新聞)
<振興銀事件>「中小企業振興ネット」2社を捜索…警視庁(毎日新聞)
<口蹄疫>コブクロの小渕さん、今井美樹さんらと宮崎応援歌(毎日新聞)
「政治不信招きおわび」=議員辞職表明の小林氏(時事通信)
私服警官を客引き 風営法違反容疑でキャバクラ従業員を逮捕(産経新聞)
posted by タジマ タケル at 21:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

「死にたくなる」女子高生が駅で飛び込み自殺?(読売新聞)

 14日午後0時半頃、茨城県牛久市牛久町のJR常磐線牛久駅で、同市に住む県立高校2年の女子生徒(16)がホームから転落し、勝田発上野行きの特急「フレッシュひたち28号」(7両編成)にはねられ死亡した。

 牛久署は、女子生徒が飛び込み自殺を図ったとみて調べている。発表によると、女子高生の自宅には「なんだか死にたくなる」などという内容のメモが見つかった。

 JR東日本によると、この事故で特急列車2本を含む計6本が運休。計17本に最大54分遅れ、約9200人に影響があった。

混雑区間は有料継続も=高速道無料化で―前原国交相(時事通信)
航路開設100周年で宇高連絡船再現=香川県〔地域〕(時事通信)
ウナギの稚魚の漁獲量が激減 丑の日を乗り越えられるか(産経新聞)
首相動静(6月12日)(時事通信)
<スポーツ基本法案>自公が再度衆院に提出(毎日新聞)
posted by タジマ タケル at 09:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

民主党 主な新役員の会見要旨 枝野幹事長(毎日新聞)

 枝野幸男幹事長 昨年8月にいただいた大きな期待に、十分に応えていないことを改めておわび申し上げる。政府と与党の一体化、政策決定の一元化、政治主導、官邸主導、こうした政治をしっかりと実現し、実行していくための内閣と党との関係を整理したい。

 政策を実現していくためには、国民の民主党に対する信頼を回復しないといけない。そのために、党運営の徹底した透明化を進め、意思決定のプロセスや党運営について情報公開を進めていきたい。

 政治とカネの問題では、今日を機に私自身は、いわゆる政治団体は別として、企業・団体献金は個人としてはいっさい受け取らない。

 身をもって、勇気を持って、自信を持って、国民に民主党政権の新しい出発を訴えていき、この参院選をなんとか乗り越え、秋以降、鳩山由紀夫前首相の残された思いを、政策実現という形で実現していきたい。

 −−小沢一郎前幹事長との引き継ぎは。

 枝野氏 内定してすぐにごあいさつに伺いたいとお願いし、引き継ぎのためにお会いいただける方向で調整している。私が国会に入って以来、常に政治の中心にあって、この国の政治を変えていく先頭にたってこられた点では、大変学ぶべき点が多い。議論を集約して実行していく、ということについて、前幹事長の経験や力は学ばないといけない。もう一つ、選挙はあくまでも政策実現の道具、手段だが、この道具をつかいこなせないと政策実現できない。前幹事長がおっしゃられていた選挙への意識は見習わないといけない。

 −−小沢氏の証人喚問や政治倫理審査会への出席について。

 枝野氏 私自身、前幹事長に政治的な説明をお願いしてきた。ただ今回、一定の政治的なけじめをつけられたなかで、検察審査会で議論されている。法的責任には防御権その他がある。そのことは一定の配慮をしなければいけない。

 −−小沢氏の処遇について。また、陳情窓口の一本化について。

 枝野氏 前者は菅直人代表が判断されるべき種類のものだ。後者は、各党支部への要請が永田町、霞が関に届く仕組みを作ったことは一定の合理性がある。ただ整理のプロセスが、利権的な誤解を招くような部分があった。透明性確保を早急に進めたい。

 −−参院選の日程は早まるか。

 枝野氏 国会で与えられた役割をどう果たすかが最優先で、その結果として選挙の日程が自動的に決まる。

 −−静岡県連への選挙資金は。

 枝野氏 選挙への恣意(しい)的な差配について、ちゃんと把握していない。各県均等に出されるべき手配が出ていないとすれば、それはすぐに行う。公平かつ公明に公認料の手当てをしたい。

 −−参院選は。

 枝野氏 昨年の総選挙の中間評価が争点。目標議席は立候補者すべてに当選いただくとしか言えない。選挙戦略については早急に安住淳選挙対策委員長を中心に協議したい。

【関連ニュース】
菅首相:組閣、枝野幹事長発表 代理に「親小沢」の細野氏
菅首相:官房長官は仙谷氏 「枝野幹事長」案は党内に異論
民主党:幹事長に枝野氏か 組閣は来週にずれ込み
民主代表選:4日にも新内閣誕生 菅氏有力、枝野氏ら支持
小沢幹事長:「やましいことはない」…会見で辞任を否定

<島根原発>差し止め棄却 安全性「問題ない」…松江地裁(毎日新聞)
<東京都檜原村>住民訴訟で敗訴の村長「賠償金払えない」(毎日新聞)
樽床伸二国対委員長会見詳報(2完) (産経新聞)
福島で震度3(時事通信)
いちよし証券元課長を追送検=2人から750万詐取容疑―警視庁(時事通信)
posted by タジマ タケル at 10:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。